スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰しています

久しぶりのブログへの書き込みです。
最近フェイスブックを習い始めましたので
そちらに片足を入れての書き込みになっています。

指が太いので最近入れ替えをした携帯端末に
悪戦苦闘をしています。そのためにフェイスブックでの書き込みも
ままならない現状です。

今日は、8月24日に「日本のバイオマスエネルギーの事例報告」の
シンポジュウムが、東京大学弥生講堂において行なわれることになりました。
前回も記述しましたが、最近「再生可能」という言葉がやたらと増えて参りました。
「再生可能」というのは基本的に地中に残らずに再び生まれ変って
我々地球上の動植物に恩恵を与えてくれることではないでしょうか。
そこから産まれてくるエネルギー生産が、本当の意味での「再生可能エネルギー」
ではないかと思うのですが、如何でしょうか?

今、取りざたされている「再生可能エネルギー」とか「自然エネルギ」と言うとすぐに
「太陽光ソーラーシステム」とか「風力発電」、それらが生産不可能な時は、 
蓄電池を利用していくのが最先端のように言われています。
果たしてこれらは本当に再生可能な物で出来ているのでしょうか。
本当の意味での「再生可能エネルギー」「自然エネルギー」とは何だろうか
今一度考えてみる必要があるように思います。
食料生産も容易に出来、無農薬・有機栽培も同時に出来るようなエネルギー開発が、
「再生可能エネルギー」であり「自然エンルギー」の様に思っています。
たとえば、牛から出てくる糞尿を利用し、それに大量に捨てられる食品残渣を
混ぜ合わせることにより大量のエネルギーが出てくることがあまり知られていません。
今回のシンポジュウムは、その様な観点から今、少しずつ研究され、現実化されている様子を
多くの人たちに知っていただくためのシンポジュウムです。


Comment

非公開コメント

プロフィール

弓削牧場 弓削忠生

Author:弓削牧場 弓削忠生
神戸・六甲の弓削牧場・場長、
先代からはじめた酪農を、
2代目として、あらたな形を模索、
25年前からチーズ作りを始める。

防水携帯片手に、
牧場のつれづれなる日常を
みなさまにお届けします。

http://yugefarm.com/

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
おすすめリンク
おすすめリンクです。別ウィンドウが開きます。
RSSフィード
場長日記を覗いた人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。